投資信託分配型

しっかり儲けるETFの基本 

個人の資産運用先として、今、注目を集めるETF。その基本からメリット、デメリットまでしっかりガイドします。

サイトマップ

売買手数料や保有コストは

売買コストが安い

投資信託のなかでも、ETFは非常にコストが安い。



ETFのコスト構造はどうなっているのでしょうか。

通常の投資信託の場合、一般に、ファンドを解約する際には手数料がかからず、購入する際に買付手数料を負担するだけです。

これに対してETFは、株式の委託手数料が適用されますから、購入時だけでなく売却時にも手数料が取られます。

ただ、通常の投資信託の買付手数料に比べれば、売り買いの往復でもETFの売買コストのほうが安く済みます。

ただ、それには、オンライン証券会社の利用が前提条件になります。


その他のコスト

委託手数料は、ETFを売り買いした時のみにかかってきますが、ファンドを保有している限り取られるコストもあります。

ひとつが信託報酬。

これはETFそれぞれに上限が設定されており、その範囲内で自由に料率を変えています。

ちなみに野村アセットマネジメントの「TOPIX連動型上場投資信託」の場合、信託報酬率の上限は年0.252%ですが、2008年10月時点では年0.115%が適用されています。

この他、同ファンドの場合だと、連動目標とする株価インデックスの商標に対して支払う商標使用料、上場手数料、年間上場料がかかります。

ちなみに、信託報酬率が年0.115%だとすると、上記のすべてのコストを加味しても、売買手数料以外のコスト負担は年0.16225%です。

すべてをトータルしても、通常の投資信託に比べて格安です。

理論戦略型“完全無裁量”FX攻略システム!【Market Hunt System】
ETFと投資信託の違い
ETFはコストが安い
ETFは商品としてわかりやすい
インデックスを超える運用者はいない?
株からコモディティまで投資できる
場合によっては最大3倍のレバレッジも
下げ局面では信用売り活用
少ない資金で分散投資
短期売買から長期売買まで
ポートフォリオのコアに
国内ETFならどの証券会社でも
ETFは取引所に上場される投資信託のこと
連動するインデックスはこれだけある
国内ETFと海外ETFの違い
取引時間はam9:00〜pm3:00
ETFはどこで買える?
売買手数料や保有コストは
分配金の再投資はできない
パッシブ運用とアクティブ運用
一般のインデックスファンドとETFの違い
日経平均株価とTOPIXの違い
国内の運用会社
ETFに関わるリスク
選択肢が増えてきた海外ETF
海外ETFの取引時間
海外ETFはどこで買う?
海外ETFの売買手数料や保有コストは
海外ETFと為替の関係
ETFで運用するメリット
最適なETFの組み合わせ
リスク資産と安定資産のアロケーション
外国債券、エマージング市場の考え方
いつ買えばいいのか
ETFで日本株以外の収益機会を狙う
資金配分比率をどう考えるか
売買タイミングはどう考えるか
ETF投資のための情報収集術
飛び道具としてのエマージング、コモディティ
取引口座の開き方
売買注文の出し方
売買タイミングを見たほうがいい?
ETFにも損切りは必要?
ETFのポートフォリオを作ってみよう
ミニ株、るいとうも利用できる
保有期間中に注意すること
情報サービスを使いこなす
ETFの税金
【特別案内】 ロト6予想システム SAMURAI
リンク集
チャンピオントレーダー天羽義治のFXシグナル配信サービス(1ケ月)〜チャンピオン シグナル〜
デイトレードで億万長者!前場で終わらせる勝率99% サンシャイン投資法

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
ローン 借換



しっかり儲けるETFの基本 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。