投資信託分配型

しっかり儲けるETFの基本 

個人の資産運用先として、今、注目を集めるETF。その基本からメリット、デメリットまでしっかりガイドします。

サイトマップ

パッシブ運用とアクティブ運用

どちらが有利?

アクティブ運用の運用実績は、長期的に見ると、パッシブ運用を下回ることが多いということが、様々なデータで確認されています。



80年代のバブル相場の頃、個別銘柄を買うよりも日経平均株価を買ったほうが有利という局面がありました。

当時、大勢の個人投資家が、「日経平均株価という銘柄が欲しい」と言っていたものです。

まさにETFはそれを現実化したわけですが、それが登場したとき、既に右肩下がりの上昇相場は終わりを告げ、長期的な下落トレンドに入っていたというのは皮肉です。

なお、「上昇相場はパッシブでいい」というような事を言う人がいますが、相場の上下とアクティブ・パッシブの選択に関係はありません。


新興国投資に適したETF

経済が成長段階にある国、それはBRICsをはじめとする新興国です。

基本的に新興国は、経済がどんどん成長して、底上げされてくるわけですから、アクティブ運用のように個別で銘柄をピックアップするよりも、市場全体を買っておくことで、高いリターンが期待できるはずです。

逆に経済が成熟期にある国では、低成長経済の下でも、高い伸びが期待できる企業を個別にピックアップしたほうが効率的という考え方もありますが、優れたアクティブマネージャーを見つけるのが難しいという現実問題を考えると、少なくともポートフォリオのコア部分は、アクティブ運用よりもパッシブ運用を充てたほうが無難でしょう。

理論戦略型“完全無裁量”FX攻略システム!【Market Hunt System】
ETFと投資信託の違い
ETFはコストが安い
ETFは商品としてわかりやすい
インデックスを超える運用者はいない?
株からコモディティまで投資できる
場合によっては最大3倍のレバレッジも
下げ局面では信用売り活用
少ない資金で分散投資
短期売買から長期売買まで
ポートフォリオのコアに
国内ETFならどの証券会社でも
ETFは取引所に上場される投資信託のこと
連動するインデックスはこれだけある
国内ETFと海外ETFの違い
取引時間はam9:00〜pm3:00
ETFはどこで買える?
売買手数料や保有コストは
分配金の再投資はできない
パッシブ運用とアクティブ運用
一般のインデックスファンドとETFの違い
日経平均株価とTOPIXの違い
国内の運用会社
ETFに関わるリスク
選択肢が増えてきた海外ETF
海外ETFの取引時間
海外ETFはどこで買う?
海外ETFの売買手数料や保有コストは
海外ETFと為替の関係
ETFで運用するメリット
最適なETFの組み合わせ
リスク資産と安定資産のアロケーション
外国債券、エマージング市場の考え方
いつ買えばいいのか
ETFで日本株以外の収益機会を狙う
資金配分比率をどう考えるか
売買タイミングはどう考えるか
ETF投資のための情報収集術
飛び道具としてのエマージング、コモディティ
取引口座の開き方
売買注文の出し方
売買タイミングを見たほうがいい?
ETFにも損切りは必要?
ETFのポートフォリオを作ってみよう
ミニ株、るいとうも利用できる
保有期間中に注意すること
情報サービスを使いこなす
ETFの税金
【特別案内】 ロト6予想システム SAMURAI
リンク集
チャンピオントレーダー天羽義治のFXシグナル配信サービス(1ケ月)〜チャンピオン シグナル〜
デイトレードで億万長者!前場で終わらせる勝率99% サンシャイン投資法

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
銀行 ローン カード



しっかり儲けるETFの基本 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。